読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三島由紀夫「命売ります」

 

命売ります (ちくま文庫)

命売ります (ちくま文庫)

 

 「音楽」、「金閣寺」、「潮騒」と読んできて、久々のこの人の本。今までのイメージと全然違っていたけど、私はこの本が一番面白いと感じた。

 

生と死を一直線に結んで、死の方に行ってみたり、生の方に行ってみたり。1人の中で、まったく正反対の気持ちが同居するのは、当たり前のことなんだよなあ。最終的に、これは現実なのか、はたまた主人公の虚言や妄想なのか、曖昧というか、わからなくなってしまう。でも、主人公自身が見たものや聞いたこと触ったもの、それらは真実ではあって、現実ではなくてもいい。現実ではなくて、この人は真実を書こうとしたのかもしれないなあ、なんて思った。