読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛鳥井千砂「海を見に行こう」、磯崎憲一郎「終の住処」

 

海を見に行こう (集英社文庫)

海を見に行こう (集英社文庫)

 

 短編集だったので、さくっとは読めた。好きな話と、あんまり好きになれない話が入り混じって、最終的に、うーん、と微妙なもやもや感。どこかで見たことがあるような気がする関係性で、そこももやもやに繫がっているかもしれない。

 

終の住処 (新潮文庫)

終の住処 (新潮文庫)

 

 物語を読んでいる、というよりは、人との関係や人の心情の説明をされている感じがする。そのせいか、小説を読んだ感じではなくて、何かの新書でも読んだような疲労感があった。途中途中、あーあー、と納得するところもあって、だけど話全体を納得することはできなくて、何回も読まないとわからないのかなあ。