読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

倉橋由美子「大人のための残酷童話」、絲山秋子「妻の超然」

 

大人のための残酷童話 (新潮文庫)

大人のための残酷童話 (新潮文庫)

 

 15年以上前から存在は知っていたのに、今更読んだ。いやはや、ぞっとする。子供の頃、童話や昔話を、何の疑いもせず、絶対的に正しいと思って読んでいた。その行為自体も、実はぞっとすることだなあ、とこれを読んでいたら思った。大人のため、となっているけれど、子供のときに読んだ童話と根本は同じように思う。まあ、ちょっと刺激は強いけれど。

 

妻の超然 (新潮文庫)

妻の超然 (新潮文庫)

 

 「妻」「下戸」「作家」のそれぞれの超然とした生き方が描かれている。超然としているのだけれど、どこか危うい。なんというか、元々超然とした人間なのではなくて、超然という態度や姿勢、生活を保とうとしている人たちなんじゃあないかなあ。だいたい、元々超然とした人間なんているのか。私自身は下戸なので、この「下戸」の話と気持ちはわかりすぎるほどわかって、読んでいる間、なんだかつらい気持ちになった。