読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

獅子文六「コーヒーと恋愛」

 

コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)

コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)

 

 この表紙を見たときから、ずーっと気にしていた。読もう読もう、としていたら、もう1年以上経っている。恐ろしい。

 

この、昭和、という感じ。今の人たちには出せないだろう、雰囲気や態度、それからゆったりとした時間の流れ、コーヒーを味わうように、読む(と言って、私はブラックコーヒーを飲まない)。だけど、主人公の女の人は、今生きている女の人たちに近い。自分として生きていくことに、必死になっている。こういう、生きる、ということは、今も昔も変えられない。コーヒーと恋愛に一所懸命に、そうして、生きることに一所懸命に。

 

この人の句読点の打ち方が、好きだったなあ。なんとなく、自分に近いリズム感を感じる。